サイトマップ

ホーム

めまいにサヨナラ
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us

めまいってなに

近年、めまいを訴える外来患者が増えているそうです。しかしながら、その大半は原因不明だとか。めまいはとても不快な症状であり、また実際に発生しているときはとても辛いもの。


「めまい」とは?

目が回る、あるいは眩むことを「めまい」といいます。これはあくまで症状であり、病名ではありません。めまいは頭痛と同様、日常生活の中でも体験することが多い症状です。誰しもが一度は「今の地震?」と周囲の人に尋ねた経験があるでしょう。安静時や運動中などに自分自身とその周囲の空間との相互・位置関係が乱れていると感じ、さらに不快感を伴った際に生じる症状とされています。

一般的には自分自身、あるいは周囲が動いていないのに動いているという誤った運動感覚を感じている際に起こることが多いようです。具体的な症状としてはグルグル回る感じ(回転性めまい)やフワフワする感じ(浮動性めまい)、ふらつきなどがあげられるでしょう。また、頭痛や吐き気などの症状を伴うこともしばしば。いずれにしろ、とても不快な症状であることに違いはありません。

めまいを感じる仕組み

私たちの脳は視覚や知覚、そして内耳(三半規管や耳石器)からの信号を受けて自分の運動あるいは姿勢を認識しています。通常であればこれらの感覚に矛盾はなく、自分の運動や外界の変化をそれなりに知覚することはあってもそれを「めまい」と感じることはありません。

しかし、病気で内耳の調子が悪くなったりすると、実際の動きや姿勢とは異なる情報が発信されてしまいます。その信号によって、実際には動いていないのにそれらが動いたときと同様の反射が起こってしまうのです。さらには、内耳からの異常な情報が直接脳にも伝えられてしまうとか。これらの誤った情報は現実の運動によって生じるものとは異なり、他の感覚と一致しません。

私たちはこのようなアンバランスを「めまい」として自覚するのです。よって内耳の病気だけでなく視覚や知覚、またそれらの情報入力を統合する脳の病気でも「めまい」を感じます。めまいの検査が数多く行われるのは、このように広い範囲での異常をチェックする必要があるからです。

めまいと耳

耳は外耳・中耳・内耳の3つに分けられ、このうち内耳には音を感じる蝸牛(かぎゅう)と重力に対する頭の位置・運動を感じとる耳石器や三半規管があります。人間は三半規管の働きによって頭の位置や動きを感じ、また目や手足の動きを調節することで姿勢を保っているのです。

耳石器や三半規管の働きが害されると頭の運動を正確に感じることができず、動いていないはずのものが回るあるいは揺れるように感じます。このように、自分の位置や運動を誤って感じる症状こそが「めまい」なのです。

安心なめまいと危険なめまい

めまいには自然に回復するものもあれば、放っておくことで命に関わるものもあります。前者は耳の中にあるバランスをとる神経の異常によって生じるめまい、後者は脳梗塞や脳腫瘍などいわゆる頭の病気の一症状としてめまいが生じるものです。両者は細かな症状、まためまい以外の症状を丹念に調べることで区別することが出来ます。

めまいが起きたら、すぐに専門医を受診するようにしましょう。

COLUMN:こんな職業は危険?

日常生活の中でめまいが頻繁に起こる人・・・いわゆる「めまい持ち」の人にはおすすめできない職業があります。それは乗り物の運転手や高所で作業する仕事です。めまいが起こると平衡感覚が乱れ、体のバランスをとることが難しくなってきます。自分がどの位置に立っているのかわからなくなり、体がふらつくことも多いでしょう。よって、足場が狭く高いところで作業する仕事(工事現場やビルの清掃員など)は安全上向いていません。

また、めまいが起こると乗り物の運転も困難になります。タクシーやバスの運転手、飛行機のパイロットなども避けたほうがいいでしょう。自分の安全だけでなく、多くの人命を預かっている以上はこれらの危険を回避する必要があります。

▲ Back Top