めまいの原因

めまいの原因

私たちの体には姿勢のバランスを保つ機能が備わっていて、ここに異常をきたすとめまいが生じます。その機能をつかさどる場所とされるのが、まず「耳」です。そのほか脳や神経に異常がある場合、あるいは血圧の変動に関係する全身性の病気(貧血など)も原因となるでしょう。

また、不安やストレスといった精神面が起因することもしばしば。そのため、原因不明と診断される人も多いようです。そもそも、めまいはなぜ起こるのでしょうか?

耳の異常

耳には聴覚のほか、体のバランスを保つ働きもあります。このため耳に次のような異常が生じると、回転性めまいが起こるのです。また、異常が生じている場所によっては吐き気や嘔吐、耳鳴りといった症状があらわれます。

耳石(じせき)の侵入

前庭にある耳石が剥がれ、体のバランスを保つ三半規管に入り込んでしまうと激しいめまいが起こります。これは「良性発作性頭位めまい症」という病気です。

リンパの増加

内耳にあるリンパ液が増えすぎると、そこが浮腫んでめまいを起こします。その状態を「内リンパ水腫」と呼び、めまいのほか難聴や耳鳴りといった症状があらわれることも。内リンパ水腫が原因とされる病気として、メニエール病があげられます。

神経の炎症

脳へ情報を伝える前庭神経に炎症が起こると、正常な情報が伝わらずめまいを引き起こします。これは「前庭神経炎」という病気です。この病気は風邪を引いたあとに発症することが多く、ウィルス感染や血液の循環障害が原因とされています。

中耳の炎症

中耳の炎症が内耳にまで及ぶと、前庭などの働きが悪くなりめまいを引き起こします。中耳が炎症を起こす病気として、「中耳炎」があげられるでしょう。

関連記事 めまいと耳の病気

脳の異常

脳内の特定の場所、あるいは運動機能をつかさどる小脳やその近くの脳幹で血管が詰まったり出血したりすると、めまいを引き起こすことがあります。

脳梗塞・脳出血

脳梗塞や脳出血が起こると、小脳や脳幹に十分な血液が運ばれずその働きが異常となります。その結果、めまいといった症状があらわれるでしょう。

血流不全

首~脳へつながる椎骨動脈と脳底動脈の血流が不足すると、脳に十分な血液が運ばれずめまいの原因となります。これは「椎骨脳底動脈循環不全」という病気です。

腫瘍

脳へ情報を伝える前庭神経に腫瘍ができると、めまいを引き起こします。これは「聴神経腫瘍」という病気ですが、他にも「脳腫瘍」といった病気がめまいの原因となることもあるでしょう。

関連記事めまいを知ろう!

その他の異常

血圧が急激に変動すると、脳に送られる血液量が不安定となりめまいを引き起こすことがあります。また、不安や心配事、ストレスなどがめまいの原因となることも・・・。代表的な病気としては高血圧や低血圧(起立性低血圧)、不整脈、低血糖、貧血などがあげられます。

中でも、起立性低血圧はとても多くみられる病気です。横になった状態や座った姿勢から急に立ち上がった際、クラッとめまいを起こしたことはありませんか?急激に体を動かしたことによる血圧の低下が原因とされ、一般的に「起立性低血圧症」といわれています。

関連記事 めまいのいろいろ

薬の副作用やケガによるめまい

薬の副作用やケガによるめまい

治療に使われる薬の副作用によって、めまいを感じることがあるようです。代表的なものとして、結核の治療に使われる「ストレプトマイシン」があげられます。めまいだけでなく、難聴を引き起こすケースも多いことから「ストマイ難聴」と呼ばれているとか。これ以外にも、抗がん剤や抗うつ剤の一部に同じようなものが見られます。

服薬中にめまいなどの副作用があらわれても自己判断で減量したりせず、きちんと医師に相談しましょう。また、交通事故の後遺症としてめまいが生じるケースもあります。ダメージを受けた場所や程度によって異なりますが耳であれば回転性めまい、脳であればふらつきを感じやすくなるとか。