サイトマップ

ホーム

めまいにサヨナラ
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us

めまいのいろいろ

めまいと耳鳴りは別の病気だから、関係ない・・・なんて思っていませんか? しかし、めまいと耳鳴りはとても深い関係にあるのです。

このページでは、めまいと耳鳴りについて説明しています。


めまいと耳鳴り

実は、耳の聞こえ具合をコントロールしている器官「蝸牛(かぎゅう)」と平衡感覚をコントロールしている器官「三半規管」は似通った場所にあります。よって、片方に問題が発生するともう片方にも問題が生じやすいのです。めまいの代表的な病気であるメニエール病が耳鳴りや難聴を伴うのも、このような構造が起因しています。

めまいや耳鳴りを別々の病気だと思って油断していると、思わぬ事態を引き起こすかも知れません。片方の症状がみられる場合には、その他の症状にも細心の注意を払うようにしましょう。

耳鳴りって?

めまいに付随して起こることが多い「耳鳴り」ですが、実に人口の10〜15%ほどがその不快感を経験しているようです。耳鳴りとは周囲に音がしていないのに、音がしているように感じることを意味します。

まれに心臓の拍動や呼吸音が聞こえることもあり、これは耳管(耳〜鼻に通っている管)が開きっぱなしになっている状態だと思われます。原因は自律神経失調症による血流障害と考えられていますが、はっきりとしたことは未だ解明されていません。自律神経失調症になると免疫力も低下し、耳の奥が細菌に感染・炎症を起こして耳鳴りになる場合もあるとか。

また、免疫力の低下はヘルペスウィルスなどにより帯状疱疹となり、それが耳鳴りを引き起こす可能性もあります。

頭蓋骨のゆがみが原因?

めまいや耳鳴りの原因として、頭蓋骨のゆがみが考えられます。頭蓋骨の1つである側頭骨の中には中耳や内耳があり、そこに音を感じる蝸牛(かぎゅう)や平衡感覚をつかさどる三半規管があります。よって、側頭骨がゆがむとそれらの働きが狂ってしまうのです。

また、顎関節がゆがんでいる状態(顎関節症)でもめまいや耳鳴りといった症状が起こります。ゆがんだ顎関節で物を噛むと側頭骨にそのゆがみが伝達し、ついには側頭骨もがゆがんでしまいめまいや耳鳴りを引き起こすケースもあるとか。また、顎関節の周囲にある筋肉や靭帯が縮むことによって内耳に影響を及ぼし、めまいや耳鳴りとなる場合もあるようです。

耳鳴りの治療法は?

原因となる病気がある場合には、その病気に対する治療をおこなえば耳鳴りも改善するでしょう。しかし、原因となる病気がはっきりしない場合には耳鳴りを抑える、あるいは軽くする治療が行われます。

では、一体どんな治療法があるのでしょう?


薬物治療

抗不安薬や抗うつ薬、局所麻酔薬、副腎皮質ホルモン剤、ビタミン剤、代謝促進剤などの投薬によって、耳鳴りを抑えます。

マスカー療法

耳鳴りマスカーという器具で雑音を聞き、一時的に耳鳴りを遮断する治療法です。

TRT療法

心地よい治療音を聞きながらカウンセリングを行うことで、脳の能力を引き出し耳鳴りを「自然なもの」として受け入れられるようにする訓練です。

心理療法

カウンセリングや自律神経訓練法、バイオフィードバック療法などいわゆる「ストレス」を回避するための療法です。

COLUMN:小林一茶と耳鳴り

「夜の霜 耳はしんしん 蝉の声」という俳句をご存知ですか?

これは俳人、小林一茶が読み上げた句です。一茶は50歳を過ぎて結婚、子供を授かったものの早世しやがて妻も病死してしまいました。このような境遇に加えてもともと血圧が高く、めまいと耳鳴りを併発していたとされています。

冬の静けさの中にありながら、蝉(セミ)の鳴き声のような音が耳元に響きわたる・・・一茶の苦しみと孤独が伝わってくる句ですね。

▲ Back Top