サイトマップ

ホーム

めまいにサヨナラ
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us

めまいと動揺病

動揺病はいわゆる「乗り物酔い」を意味し、これはめまいによく似ています。実際、動揺病ではめまいと同様の薬が使われるとか。では、一体「動揺病」とはどんな病気なのでしょう? 

ここでは動揺病の症状や原因、予防法に迫ってみました。

動揺病ってなに?

動揺病とは、ずばり「乗り物酔い」のことです。交通機関(車やバス、電車、飛行機など)、もしくは遊園地のジェットコースターやコーヒーカップなどに乗ると症状が起こります。乗り物酔いは体調によって大きく作用され、その症状もさまざま。軽症であれば軽いめまいや頭重感、冷や汗、胸焼け程度で済むでしょう。

しかし、乗り物酔いの症状が出る=脳が警報を鳴らしているということなので、それを無視していると次第に症状は重くなっていきます。頭痛や吐き気が増強するだけでなく顔面蒼白となり、ついには嘔吐してしまうほどに。

動揺病の原因

動揺病の原因は定かになっておりませんが、乗り物にのっているときの連続的な刺激が感覚神経に何かしらの異常をきたしているのでは・・・と考えられています。

外界から隔てられた空間内(車や船など)にて急発進や急停止、道のカーブ、波で揺れるたりといった状況が続くと内耳は加速や減速、遠心力で刺激を受けます。そのような状況下において目から入ってくる情報と内耳で感じるバランス感覚との間に違いが生じ、脳が混乱することで乗り物酔いが起きるようです。特に、慣れていない乗り物にのるとそれを体が「異常な感覚」としてとらえ、乗り物酔いが起こりやすくなるようです。

動揺病の予防

めまいを起こしやすい人は、乗り物にも酔いやすい傾向にあるそうです。ここでは乗り物全般における予防策を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

乗り物酔いを防ぐポイント

1. 極度の不安や不眠、疲労、空腹状態を避ける
2. 遠くの景色をぼんやり眺め、一点を凝視しないようにする
3. 酔い止め、めまいの薬を事前に飲んでおく
4. 風通しのよい、楽な服装にする
5. 窓を開けて、換気をよくする
6. 乗る前にトイレを済ませておく
7. 乗っている間はなるべくリラックスする
8. 読書をしない
9. 後ろ向きの座席を避ける
10. 平衡感覚や自律神経を鍛えておく

乗り物別に見てみよう!

ここでは電車やバス、飛行機など乗り物別の予防策を紹介します。乗り物酔いをしやすい人、また小児がいるご家族はぜひ参考にしてください。

電車

・ 空いていれば座る
・ 座れなければつり革ではなく、ポールにしっかりとつかまる
・ 運転席のすぐ後ろに立ち、進行方向を見る

列車

・ 進行方向に向かうように座る
・ 座れなければ進行方向に向いて立ち、体を安定させる
・ 振り子電車は酔いやすいので、極力避ける

バス

・ 運転席のすぐ後ろに座り、進行方向を見る
・ 座れなければつり革ではなく、ポールにしっかりとつかまる

飛行機

・ 外界がよく見えないので、酔いやすい人はあらかじめ薬を飲む
・ 少しアルコールを飲んで、寝てしまうのも1つの方法

・ キャビンの中にいると酔いやすいので、なるべくデッキに出て遠方の水平方向を見る
・ 海が荒れていたら、酔い止めの薬を飲んで寝る

自家用車

・ シートは固めのものにする
・ 後部座席に乗り、シートベルトをしっかり締める
・ 通気をよくし、異常臭気を出さないようにする
・ 免許証を持っている人は、気を紛らわすためにも自分で運転する

もし乗り物酔いしたら・・・

前述した予防策をとったのに、乗り物酔いしてしまった・・・という時には、まず横になって頭を動かさないようにしましょう。その際、冷たい風にあたってベルトや衣類を緩めるとなおいいです。酔い止めの薬があればそれを飲み、それでも治らないあるいは症状が重いという場合には乗り物から降りるほかありません。

乗り物酔いを克服するには日ごろから適度な運動をし、内耳が乗り物の動揺に対して強くなるよう鍛えるしかないのです。自分のお子さんに将来つらい思いをさせたくない・・・と考えるのであれば、1歳を過ぎた頃(ヨチヨチ歩きが出来るくらい)からコーヒーカップなどの遊びを積極的に取り入れましょう。

▲ Back Top